今時の業務システムはアジャイルで乗り切ろう!

ウォーターフォールでは対応できません

現場で噴出する仕様の矛盾、スケジュール通りに行かないタスク管理、仕様の修正に時間がかかり待ち時間が長くなるなど、日本のIT業界は何年も前から同じ課題を抱え続けています。そのもっとも大きな弊害となっているのが、システム開発を上流と下流に分けて捉えるウォーターフォールモデルという考え方です。現場では仕様の矛盾が露呈しているのに、工程が会社ごとわかれているので、いつまで経っても根本が改善されず、開発サイクルが長くなってしまうのです。

アジャイルで細かいサイクルを回そう

ウォーターフォール・モデルが仕様の変更に弱いことがわかってから新しく出てきた潮流が「アジャイル」という開発手法です。アジャイルにおいては「仕様は動的に変更されるもの」と割り切った態度で開発が進められます。どうせ最初から完璧なものはできない、という立ち位置からスタートするため、小さなプロトタイプを作って、それを少しづつ改善し「現場ドリブン」で仕様を固めていく、というのがアジャイルの考え方です。現場の人間が平等に意思決定に関わるのが大きな特徴と言えます。

顧客を巻き込んで開発しよう

仕様の変更を事前に見込んでプロトタイピングするアジャイル開発手法ですが、しょっちゅう仕様が変わるということは、顧客を一緒に開発サイクルに巻き込む必要があるということでもあります。従来の開発ではプロパーのエンジニアは別の会社で成果物を待機して、スケジュール管理などを専ら行っている事が多かったわけですが、仕様変更を前提にしている場合は、こうした会社のメンバーも一緒に開発現場に入らなければなりません。ということは、会社同士の関係が対等でなければならないことも、注意すべきことでしょう。

notesのバージョンアップを実施する際は、かならず事前に実機を使って動作確認することが大切です。非常に地味な作業となりますが、大きなトラブルの芽を摘むことができます。